User-agent: * Allow: /
RO逆浸透膜とは?




leftbana

生物研 農研機構 農水 経済産業省 光合成とは? LED光源開発機構 あぐりっとファーム 厚生労働省 感染症情報センター 日本医師会 国立医薬品食品衛生研究所 フラッシュキラー ALTRADER COMPANY
ソリューション画像


ホーム逆浸透膜純水装置〔モバイル版〕
〔モバイル版〕PCの方は、PC用説明をご確認ください。
【RO逆浸透膜式純水製造装置】

逆浸透マクロ化技術はあらゆる動力靴の栄養分の吸収や、
老廃物の排泄の仕組みである細胞膜の「浸透圧原理」を応用して、
考えられた「分離濾過技術」です。

長年の最善とされてきた水処理技術となる「RO逆浸透膜濾過」が
実は自然界が作り出した現象をヒントにされています。

ROモジュールの超微細孔は1/10,000,000ミリというもので、
現在話題となっているダイオキシンや環境ホルモンレベルの化学物質はもちろん、
あらゆる微生物による汚染についても、ほぼ完全に除去する事が可能です。
体にやさしく安全な水を提供するというシンプルな目的を世界最高水準の技術力で実現します。


※主な除去物

塩分・重金属イオン・溶解シリカ・その他電解物質
非電解物質アンモニア性・硝酸性窒素・細菌類・ヨウ素・セシウム
変異原性物質
有機及び有機塩素化合物
(DDT、PCB、トリハロメタン、ダイオキシン、トリクロロエチレン、各種農薬類)


純水を作りだす、逆浸透膜フィルターは、従来のフィルターでは除去しきれない、
いろいろな物質を除去できる最先端の浄水フィルターです。
それら物質が取り除かれた純水は食材のうまみも最大限に引き出すことが可能です。

①珈琲やお茶などに・・・
コーヒーや、お茶類の味や香気は、タンニン類・アミノ酸・カフェイン・遊離還元糖などの
成分の微妙なバランスにより構成されます 。
重金属やカルシウムなどのミネラル分と呼ばれる各種イオンは、水中に溶解している
状態では タンニンやカフェインと非常に反応しやすく、微量でも変色や味の変化・凝集物
による濁りなどを 起こします。この物質は上品な渋みや苦味を呈するものですから、
上等な材料ほど障害が 大きくなるわけです。
またアンモニアに起因する硝酸性窒素や、殺菌用の塩素は、 ビタミン・アミノ酸・糖類の破壊や変質を起こし、渋味・コクを狂わせます。
純水は、このような影響を与える不純物を含まないため、材料の持ち味を正確に引き出し、時間経過による変質も少ないのです。

②煮物などお料理に・・・
植物の細胞膜を作っているペクチン物質は、水中のカルシウムやマグネシウムと結びつくと固くなり、
ナトリウム(Na)やカリウム(K)と結合すると水溶性になります。
軟水で豆を煮ると硬くなるのはこのためです。
純水は、高度成分を含まないだけでなく、豆や穀類自体が持っている硬度成分を溶かし出し、
組織内のNaやKをペクチン物質と結合、軟化させます。
軟化した膜は組織を柔軟にして煮上がりを早め、熱膨張による割れも防ぎ、仕上がりを良くします。
(例:小豆の炊き上がり時間が1/3~1/4短縮されます。)

③素材の良さを生かします・・・
弊社製品の純水は、高い溶解能力や浸透性・熱伝導性を持ち、 だし材料の細胞膜を硬化させる
カルシウムを含まないので抽出能力が高く、 完全な成分の浸出ができます。
お茶やコーヒーと同じように、水中の溶解物との二次結合を起こさないので、
濁りや変質を起こさず、素材の持ち味を正確に生かします。
(例:だし材料が5~10%削減されます。)

④パン、麺類にも・・・
パンや麺類の生地は、水を加えてグルテンの形成とデンプンの膨潤を行わせ、 腰や粘りを作り出します。
この時食塩や、かん水を加えるのは、 タンパク質やデンプンに結合してるカルシウム
やマグネシウムを、ナトリウムやカリウムと 交換させて作用を促進するためです。
Ca2+やMg2+の硬度成分が多いとグルテン形成が不充分になり、吸水も不足する上、
腰や粘りが弱く、全体にドゥがもろくなります。純水は、硬度成分やその他不純物を持たないので、 良い生地を作り易くします。
(例:麺のゆであがり重量が増加します。)

⑤その他・・・
純水は、様々な場面で必要とされています。
例えば
・ペット、熱帯魚などに
・洗車にも
・工業用
・飲食業界
・食品加工業
・一般家庭
今後は、一般家庭にも普及していくことと思います。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス